切削工具の整頓

3S活動の一例を紹介します。表示の徹底の例です。

フライス加工行うときの切削工具の整理整頓です。工具径、加工材質、刃物材質ごとにテプラを利用して表示しています。またテプラの色を変えることにより、分かりやすくする工夫もしています。これにより探す無駄が大幅に削減され、コストの低減につながります。

長濱製作所は、このようなちょっとした工夫が詰まっています。これからもどんどん紹介していきますので、参考になればと思います。

2017年02月10日 | Posted in 3S活動 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です